スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホシホウジャク 立体写真

ケンコーのバリミラージュを使って、昆虫なんかの立体写真が撮れると知って、だいぶ前に買ってみた。しかし、手持ちのマクロレンズとの組み合わせでは、ちょうどいい基線長が得られなく、使わないままになっていた。

しかし、よくよく考えれば接写とはいえAPS-Cサイズの一眼なので、基線長は12ミリ程度とすると、適度な立体感が出る距離は30-60センチぐらいと思われるので、マクロレンズではなくズームレンズで十分よれる距離だと気付いた。

そこで、18-55ミリのズームレンズに付けて見たら、かなり具合がいい。望遠端でおおむね12ミリの基線長が得られる。

最近こればっかりですが、ホシホウジャクを撮って見た。平衡法で見てください。







ペンタックス K20D + DA18-55 + ケンコー バリミラージュ


中央が暗くなることを考えると、APS-Cでは60ミリぐらいが最適値っぽいが、思っていた以上に綺麗な立体に見える。

このレンズ、ペンタックスの旧キットレンズだが、電気屋に勤める弟に新品をただでもらったもの。何でも、ボディが盗まれて、簿外品になっていたとのこと。これまで使っていなかったが、いい使い道ができた。

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : 立体写真 ホシホウジャク

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。