スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロツバメシジミ

露岩地に生えるツメレンゲなどの多肉植物を植物を食草とする希少種、クロツバメシジミを初めて撮影しました。

先月、いつも昆虫館で御一緒するKさんから千種川沿いのクロツバメシジミの発生地を教えていただいてました。そこで見た、食草ツメレンゲやそれが生える崖の様子などをみて、うちの近所の崖でも発生している可能性があるのではと考えるようになりました。そこで、早速近所の目を付けた崖を下から観察すると少ないながらツメレンゲが自生しているのを確認できしました。しかし、まったく近づけない位置にツメレンゲがあり、蝶がいたとしても撮影は絶望的で、卵や食痕を観察するのもう不可能でした。

そこで、本日は崖の裏に回り込んところから山頂に向かう登山道を使って崖上部でクロツバメシジミを探そうという計画で現場に向かいました。そして、登り口を探して車通りの多い道沿いを歩いていたところ、道路わきの露岩地に数匹のシジミ蝶類が舞うのを発見。よく見るとそれがクロツバメシジミでした。気合を入れていたわりに、えらくあっけない出会になってしまいました。

Tongeia fischeri

Tongeia fischeri

このポイント5メートル四方程度の狭い範囲に10匹以上はいたと思います。ツメレンゲのある崖からは100メートルほどしか離れていませんが、ここではほかの多肉植物、一枚目に写っているマルバマンネングサ?が食草になっているようです。卵や幼虫は確認できませんでしたが、近くの枝に誤産卵したのを確認しています。

ここでの撮影を終えた後、当初の計画通り崖上部の探索を行いましたが、ツメレンゲの小さな群落を一つ見つけただけでした。それでも、このツメレンゲには葉に幼虫が穿孔した後らしきものを見つけましたので、このあたり一帯に広く発生しているのかもしれません。

ところで、2枚目の写真の個体、後翅裏面の黒斑が2、3個消失している異常型のようです。

ペンタックス K-5 + D FA macro 100/2.8
12/09/12
たつの市

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : クロツバメシジミ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。