ジョウザンミドリシジミ

Favonius taxila

Favonius taxila

ギンイチモンジセセリを撮影後、一泊し、翌日早朝からゼフィルス類の産地として有名な三川山に初めて登ってきました。

登り始めた6時台は曇り空でしたが、9時前には晴天に恵まれました。しかし、お目当てのゼフィルスの撮影チャンスはなかなかめぐって来ず。途中でであった方にアイノミドリシジミのポイントを教えていただいたりし、姿を目にすることは多かったものの、距離が遠く写真にならない時間が続きました。

山頂付近に到着したときには、すでに4人の採集者の方が陣取っておられ、話を聞くとヒサマツミドリシジミ狙いとのこと。こちらは撮れればなんでもいいので、元来た道を下りながら獲物の捜索をして、ようやく撮りやす場所に見つけたが写真のジョウザンミドリシジミでした。

このジョウザンミドリシジミ、なぜか林道の谷川の下草の下や路面など低いところばかりを移動しており、路面では翅の表も撮らせてくれました。やがて、湿った落ち葉の上に降り立つと動かなくなり、その様子を見ると口吻を伸ばし吸汁中のようです。ゼフィルスが地面で吸汁しているのを見るのは、今回がはじめてです。

ペンタックス K-5 + D FA macro 100/2.8
12/06/27
三川山/香美町

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ジョウザンミドリシジミ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和