モートンイトトンボ

先週、佐用町内の山の中で、廃田を見つけました。そして、そこで今や希少な日本在来淡水ガメ、イシガメを採集しました。イシガメは、知り合いがイシガメの保護繁殖活動を行っているということで預けました。

そのイシガメ採集のおり、水が入った廃田を飛ぶ非常に小さなオレンジ一色のイトトンボを見つけました。その時は、トンボに疎い私には何者なのかわからず、カメラを持っていなかったので写真も撮らずに帰りました。

帰宅後、そのオレンジのイトトンボがモートンイトトンボの未成熟のメスであることを知りました。
しかも、兵庫県版レッドデータブック2012では今回のBランクからAランク(絶滅危惧種I類相当)に格上げ(もちろん、めでたいことではない)された希少種であることを知りました。

そこで、本日モートンイトトンボの撮影に行ってきました。

Mortonagrion selenion

最初に見つけたのは、このようなオレンジ一色のもので、未成熟のメスとのこと。
周囲を探すと、成熟したメス、オスも見ることもできました。

Mortonagrion selenion

成熟したメスは、黄緑一色に。

Mortonagrion selenion

Mortonagrion selenion

オスは、黄緑に黒筋の胸にオレンジの尻尾(腹)をした非常に美しいトンボでした。

レッドデータブックの県内分布記録には佐用町は載っていないので、人に知られていない発生地を発見したのかもしれません。周囲では、前日撮影したのと同じサラサヤンマも見られました。
非常にいい場所を見つけたと思いますが、このポイントも長くは続かないと思います。
モートンイトンボに必要な浅く水が張った田はわずかで、周囲の田では乾燥化は進み笹が生え始めています。まったく人による管理がなされていないだろうこの廃田では、数年で現在発生している田も同じように干上がり、失われると予想されます。

ペンタックス K-5 + DA★300/4
12/05/31
廃田/佐用町

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : モートンイトトンボ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和