カメラ雑感 α900とLUMIX G1

ソニー α900

先ごろ発表された、ソニー初のフルサイズ機。
私は、虫のマクロしか撮ってないので、フルサイズ機には不便さは感じても、ほとんど魅力を感じません。フィルムからデジタルの間に長いブランクを挟んでいるので、画角の違いうんぬんもまったく気にならない。私にとって、数少ない魅力を感じる部分は、APS-Cより大きく見やすいファイダーのみ。
α900は、特にファイダー力を入れてるみたいで、デジタル一眼レフ最高のファイダーを豪語しており、AF一眼レフ最高といわれるα-9を超えるファインダーとのこと。どんなものか一度拝んで見たいです。まったく、買う気はないですが。

しかし、ソニー、α350/300で"のぞかない"とライブビューを盛んにCMで宣伝し、他方、フルサイズ上級機α900ではライブビューなし、光学ファイダー重視、APS-C上級機α700もライブビュー無し、とどうもちぐはぐな商品ラインナップに見えてならない。α350/300で獲得した新規ユーザーのステップアップはどうするつもりなんでしょうか?


パナソニック LUMIX G1

本日発表された、ミラーレス、フランジバック短縮、ライブビュー専用の新マウント、マイクロフォーサーズ一号機。
EVFレンズ交換式カメラをどのメーカーが最初に出すか、楽しみにしていた私には、こっちのほうが数段惹かれる。
一番気になってたEVFは、144万画素、1.4倍とのこと。これだけあれば、ちゃんとピントがつかめるのかな。今使ってるGX100のEVFが23万画素ですし、優秀といわれるE-3のファイダーでも倍率1.15であることを考えると、こちらもどんなものか早く拝んで見たいです。
E-420に対して一回り小さく、フリーアングル液晶つきも魅力。標準ズームレンズも、マイクロフォーサーズ対し二回りぐらい小さいみたいですね。手振れ補正が、ボディ内じゃないとこだけがちょっといやだが、そこはオリンパスに期待。これで、今までの一眼レフにない小型超広角レンズが出たら、GX100の後継用に買ってしまいそうです。

ところで、望遠域のレンズでフランジバックを削減する意義はなさそうなので、マイクロフォーサーズの望遠レンズは、フォーサーズと共通の光学系にするのかと思ってたんですが、専用設計の45-200mmも発表したようで、素人予想は見事にはずれでした。

theme : ★カメラ&レンズ・機材
genre : 写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和