スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムラサキシャチホコを立体写真で見ると・・・

今日の晩、明かりにやって来たムラサキシャチホコを初めて見つけました。
翅の模様が枯れ葉に擬態した蛾です。
その芸術的とまで評される精巧な擬態で有名な蛾です。

Uropyia meticulodina

知ってはいたものの、実物を見て擬態の完璧さに、改めて驚きました。
平面的なはずの翅が、単なる模様だけでなく、質感、陰影により、分かっていても立体的にカールした枯れ葉にしか見えません。人間が、左右の目の視差だけでなく、表面の質感、陰影、遮蔽関係等々複数の要素から立体感を得ていることを改めて思い知らされました。

さて、ではこのムラサキシャチホコ立体写真に撮るとどうなるのでしょうか。どこまで似ていても単なる模様ですので、本来の形状に由来する視差しかないはずです。特に、今回は基線長1cm、レンズ先端からの距離7cmと強烈な視差がつく条件での撮影です。この視差による立体感で、ムラサキシャチホコの擬態を打ち破れるのでしょうか?

Uropyia meticulodina, stereo parallel view

Uropyia meticulodina, stereo parallel view

実際の平行法立体写真です。
いかがでしょうか?
立体視しても本来が形状を認識できず、やはり枯れ葉にしか見えないように感じます。
真横からでも、斜めからでも同様です。
その擬態の完璧さに、再び関心させられた気分です。

2D: ペンタックス K-5 + D FA macro 100/2.8
3D: LUMIX DMC-GH1 + 改造LUMIX G 12.5/12 二号
11/06/02
光都/佐用町

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ムラサキシャチホコ 立体写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

感動しました!!!

何のことを仰っているのやら、分からなくて、続けさまに本文を2度読みました。。。。
とりあえず、枯葉が1枚あるのだe-284と完璧に思いこんでしまいましたから、
そのどこに隠れているのか?必死で探しているのに見つからなかったからです。
自分の誤った思いこみに気づくのにちょっと時間がかかってしまいました(^^;)
月並みですが、自然の造形の妙と言うほかありません。
擬態としては完璧ですが、枯葉と間違って無造作に踏まれそうなのが却って心配ですけどネ (*^艸^*)
素晴らしいです!!! *:・( ̄∀ ̄)・:* 

返信

>tatさま

擬態が完璧すぎて、写真では、説明されてもよくわからないですよね。そう思って、後日、動画で撮って見ましたので、よかったらのぞいて見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=jWcGoQa6hLM
プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。