虹を見ること

時雨模様の夕方、職場の正門を出ると、北東の薄桃色の空の地表近くに輝くの柱を見た。

虹

それは、しだいに伸びていきついに地表から地表までの完全なになった。夕暮れ間近の水平な日差しのため、ほぼ180度の驚くほど大きな半弧のだった。

虹

右の地表近く、もっとも輝くその外側に副虹も見えた。

虹

日が沈んでゆくせいか、虹はやがて下から消えていった。




GX100の24mm相当の広角でも入らなかったので、全体の写真は、二枚をつなげた擬似パノラマ写真です。こうして見ると、うちの職場ほんと何もないとこです。

theme : ある日の風景や景色
genre : 写真

tag :

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和