スミナガシ

Dichorragia nesimachus

Dichorragia nesimachus

Dichorragia nesimachus

連休中、昆虫撮影が主目的で、一泊二日で四国に行ってきました。
すばらしい天候に恵まれましたが、全体的に虫は非常に少ない印象でした。
このところ続いた不安定な天候の影響が四国でも出ているのでしょうか。

写真は、四万十市で撮影したスミナガシ
うちの職場でも、時々見られる蝶ですが、ここ数年はまともに出会ったことが無く、始めてちゃんとした撮影をすることが出来ました。

地味ながら艶やかで深い緑にも青にも見える翅と、ワンポイントの鮮やかな赤い口吻が美しく、私の最も好きな蝶です。
この微妙な色合いと模様を持つ蝶を、"墨流し"になぞらえた命名者のセンスもすばらしいと思います。スミナガシは、アサギマダラと並んで最も美しい和名の蝶だと思っています。

1、3枚目 ペンタックス K-7 + D FA macro 100/2.8
2枚目 ペンタックス K20D + DA★300/4
10/05/01
香山寺市民の森/四万十市

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : スミナガシ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんにちは。
これはすばらしい色合いが出ていて、思わず見とれてしまいました。綺麗です。

返信

>べにしじみこむさま

コメントありがとうございます。
見る方向によっていろんな色調になることを今回の撮影で知り、改めて好きになりました。
プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和