スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽化直後のサトキマダラヒカゲ

ようやく春らしい陽気に恵まれた日曜日。
アゲハ類がよく集まる岡の上に登ってみました。しかし、このところの低温のせいで季節が進んでいないらしく、アゲハが時々現れるのみで、キアゲハ、アオスジアゲハ、クロアゲハなどの他のアゲハ類もまったく姿をあらわさず。その上、吸蜜に集まるツツジもまだ咲いておらず、写真らしい写真も撮らずにいました。

そんな時、草にくっついた茶色いものがゆらゆら揺れているのが目につきました。
草に引っかかった枯れ葉が風に揺れてる様にも見えましたが、気になってよく見るとサトキマダラヒカゲでした。
羽化直後らしく、まだ伸びきらない翅をしています。

Neope goschkevitschii

しばらく草につかまってゆらゆらとゆれていましたが、どうも落ち着かないらしく、まだ柔らかの翅を引きずるように地面を移動し、やがて草に引っかかった枯れ枝にぶら下がる形で静止しました。ここでなら安全に翅を伸ばせるということのようです。

Neope goschkevitschii

静止してから30分ほど立ったとき、もう大分翅も固まったかなとちょっと指でつついたところ、腹端からサーモンピンクの乳状の液体を出した。その後もさらに数滴の液体を出し、余分な体液を捨て体を軽くしてる様です。

Neope goschkevitschii

液体出した数十秒程度立ったとき、それまで静止していた蝶は、突然するすると草に登ったかと思うと、羽ばたきの準備運動もせずに、いきなりひらりと舞い上がった。
突然の飛び立ちに、一旦見失ったが、しばらくして再度飛んでいるところを発見し、木の幹にとまったところを撮影。
別個体かもしれないが、ふらふらと頼りない飛び方から羽化直後の個体とおもいます。

Neope goschkevitschii

1枚目 ペンタックス K-7 + D FA macro 100/2.8
2-4枚目 ペンタックス K-7 + DA35 macro ltd
10/04/25
西山公園/たつの市

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : サトキマダラヒカゲ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。