ヒオドシチョウ

森の中の開けた場所でヒオドシチョウに見つけ撮影しようとしたところ、もう一匹ヒオドシチョウが現れました。
最初のヒオドシチョウは直ちに飛び上がり、もう一匹を向って飛んでいきました。
それを見て、よくある縄張り争いかと眺めていましたが、どうも様子が違うことに気付きました。
確かに追っかけまわしているのですが、縄張り争い激しさはなく、ゆっくり。
よくよく見ると、一匹はのんびり滑空しているのに対し、もう一匹は羽ばたきながらついていっている感じ。
(ゆっくりといってもこの程度しか撮れない私の腕の無さにがっくりですが・・・)

Nymphalis xanthomelas

やがて、寄り添うようにとまると、交尾を始めました。

Nymphalis xanthomelas

Nymphalis xanthomelas

昨年の初回に羽化して以来ほとんど眠り続け、その間に翅はボロボロになり触覚まで欠けてしまったようですが、彼らにとって今がまさにわが世の春のようです。

一、二枚目 ペンタックス K-7 + DA★300/4 (一枚目は大トリミング)
三枚目 リコー GXR+S10(24-72)
2010/03/20
倉吉市/鳥取県

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ヒオドシチョウ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和