ニホンミツバチ

まだ虫の少ないこの時期でも、格好の遊び相手になってくれるミツバチたち。

Apis cerana japonica

Apis cerana japonica

コンデジがリコーGX200から、GXR+S10(24-72)になりました。
GXRの交換ユニットは年2-3個のペースで発売予定ということらしいので、GX200相当の広角マクロに強いリコーのカメラ(ユニット)は数年は出ないだろうから、遅かれ早かれ購入することになるならと、思い切って購入しました。購入直後に、キャッシュバックがはじまったのは大誤算でしたが・・・

GX200は高感度に弱くISO200ですら使うのに躊躇しましたが、GXR+S10(24-72)では200、400が躊躇無く使えるようになり撮影の幅がぐっと広がりそうです。
空の色もGX200より、すっきり写るような気がします。

リコー GXR+S10(24-72)
10/03/12
弦谷/佐用町

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ニホンミツバチ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ミツバチ見事に撮られてますね。内臓ストロボでしょうか。
GX300は無いようなので、自分もこのカメラ正直欲しいです。
カタログでは秒間5コマと連写もきくようですね。

返信

>トードさま

GXR+S10の連写は、たぶん1.7枚/秒なんです。
仕様の連写の欄には5枚とかかれていますが、単に5枚連続で撮れるという意味で、速度じゃないんです。その下のM連写の欄では、単位が枚/秒となり、速度が示されています。
自分も仕様を見て、買って実際に使ってみるまで、5枚/秒の速度だと誤解してました。GXR購入のポイントが、1.ノイズ低減、2.連写速度向上、でしたのでものすごくがっかりしました。
やっぱり、連写の欄に5枚と書かれてたら速度だと思いますよね。

写真は内蔵ストロボ使用です。トリミングしています。

No title

なるほど、連写は期待できないようですね。
近所のキタムラではショーケースの中に置いてあり、まだ触ったことないです。
まだユニットは少ないですが、GX100よりかなりノイズレスですし、ワイコンも流用できるのでやはり欲しいです。
なによりマニアックさがいい感じですね^^
プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和