スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサギマダラの飛翔

お盆休みに、鉢伏山でアサギマダラを撮りましたが、天気が悪かったため夜の蝶みたいな飛翔写真しか撮れなかったのが不満でした。そこで、再度アサギマダラの撮影に行ってきました。

前回のポイントを含め鉢伏山山麓を探しましたが、アサギマダラもその好物のフジバカマなかなか見つからず。あきらめ半分に但馬高原植物園に行ってみたところ、その一画でフジバカマに群れる10数匹のアサギマダラに出会うことができました。そこで、機材を変えながら、空をバックに飛ぶアサギマダラの撮影に挑戦してみました。

Parantica sita

Parantica sita in flight

Parantica sita in flight

一枚目は、K-7に広角レンズとパナソニック製のストロボを使って撮影。この組み合わせだと、連写でバンバン撮れるのですが、K-7は1/180秒までしかストロボがシンクロしないので、どうしても自然光の影響が出てしまう。結果、触覚が二重に見えたりするので、不満がある。

二枚目は、純正の外部ストロボにかえて、ハイスピードシンクロで撮影。1/1000秒で撮っているので、ブレは少なくとれる。ただ、ハイスピードシンクロは撮影条件が複雑で難しい。また、毎回フル発光するので、連写はできないうえに充電に時間がかかるため、軽快な撮影とは行かない。

三枚目は、GX200にパナソニック製のストロボのストロボを使用。コンデジは高速シャッターでも問題なくストロボがシンクロするので、この組み合わせが一番楽でした。

一枚目、二枚目 ペンタックス K-7 + DA21 ltd
三枚目 GX200
09/09/26
但馬高原植物園/香美町

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : アサギマダラ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

毎回感じますが、飛翔写真、ステキですねえー!!
昆虫標本のような美しさです。

No title

GX200は外部ストロボなんですね。
他より広角で構図的なものもありますが、三枚目が最も自然で、かつ蝶が生き生きとしており素晴らしいです。
一、二枚目も素敵ですけどね^^

返信

>kazzさま

虫採りは楽しいが標本を作るのはめんどくさいので、その代わり写真をやってます。

>トードさま

GX200は内蔵ストロボでも、マニュアルで使えるので、十分撮れるrのですが、連写にするとストロボが発光しないので外部ストロボを使ってます。
プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。