スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スミナガシを引くアリ

上の続き。

職場に着くと、駐車場の地面をなにやらうごめくものが目に入った。

スミナガシを引くアリ
ペンタックス K20D + タムロン 90ミリマクロ

近づいて見ると、一匹のアリスミナガシの死骸を引いていくとこだった。

世間ではどうか知らないが、個人的には、一番、模様の好きな蝶はこのスミナガシである。
この微妙な色合いの蝶に、スミナガシと名づけた人のセンスには感銘を受ける。
未だ、くたびれた個体を遠くから撮ったことしかなく、こんな形で目にすると、勝手ながら残念である。
結構、翅も綺麗なのに・・・

しかし、アリ一匹でこんなの引けるんですね。
たいした馬力です。

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : スミナガシ アリ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

スミナガシが近くに住んでいる職場というのは羨ましいです.自分も,スミナガシに初めて出会ったときは,あの青緑色の独特の美しさに見入ってしまいました.スミナガシという名前は確かに他の昆虫の名前全般に比べてartisticですね.

返信

>えりざべす様
虫好きの私には、格好の立地条件の職場です。
敷地内で、樹液の出てる木を見つけると結構スミナガシが見られます。年に一度ぐらいは、オオムラサキを見ることも。
しかし、残念ながら、今年はいい樹液ポイントを見つけられていません。

えりざべすさんもスミナガシお好きなようでうれしいです。スミナガシの美しさって、一見地味な翅で、なかなかわかってもらえないような気がしています。
プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。