セイヨウミツバチ

昨年3月に閉館した兵庫県昆虫館。
この四月より、NPO法人 こどもとむしの会運営の佐用町昆虫館として再開されました。

その敷地内に、セイヨウミツバチの巣箱が置かれています。
巣箱を見るとついついこんな写真を撮ってみたくなる。


Apis mellifera

Apis mellifera

睨まれてる?
向ってくる顔は怖いですね。

ということで、キケンですのでよいこはぜったいまねしないでください。

リコー GX200
09/05/31
佐用町昆虫館/佐用町

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : セイヨウミツバチ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんにちは
凄い。
こういうの憧れます。
でも、これを撮るのは・・・怖かったでしょう?

ミツバチやっぱり可愛いです 笑

こわいねえ

こっちをにらんだミツバチの顔は敵意に満ちているようだ。貴重な写真だと思うよ。
よく、こんな写真が撮れると感心する。出不精(デブ症じゃないよ)の自分には、とてもまねができないよ。

こんばんは

みつばち、確かに睨んでますね(^^;)
でも、かわいいですね。
ブンブン音が聞こえてきそうです。

吉村昭さんの「蜜蜂乱舞」を 思い出したりしています。
(ニホンミツバチ。。だったでしょうか)

返信

>nao!さま

糸崎公朗氏考案のスーパーエクステンションズーム↓を使って撮ってますので、それほど怖くは無いですよ。でも、服にもぐりこまれたり、ハチの機嫌が悪いと、危険ですのでお勧めできません。
http://blog.goo.ne.jp/itozakikimio/e/4001b32eeee0c978dc6ca2f524278cf4

>高遠さま

複眼が動くわけは無いので、見る角度の違いだけのはずですが、グラサンの怖いお兄さんが凄んでる様に見えますね。

>ピヨハチさま
「蜜蜂乱舞」、花を追って旅する養蜂一家の物語、良い本でしたね。
もう一度読みたいと思うのですが、実家の物置の中です。
あれもセイヨウミツバチです。
プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和