一円電車 立体写真

播磨と但馬をつなぐ県道6号線を走っているとき、一円列車という標識が目に付いたので寄ってみました。

一円列車は、かつて存在した国内有数の非鉄金属鉱山、明延鉱山の鉱山鉄道で運行されていた旅客列車。1985年の廃止まで、運賃が一円で運行されていたとのこと。

鉱夫の像の背後に、保存されている一円電車。

一円電車

客車くろがね号。
一円電車

軌間(レール間隔)762ミリの軽便鉄道。JR(軌間1067ミリ)の車両を見慣れた目から見ると、信じられないほど小さい。車両脇のステップから大きさを想像してください。内部は、左右の壁際にベンチシートだが、膝を突き合わせて座る状態。

客車を牽引する電気機関車。
一円電車

平行法立体写真
リコー GX200
09/03/01
明延/養父市

theme : 3D・立体写真(ステレオ写真)
genre : 写真

tag : 立体写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和