冬の但馬高原植物園 立体写真

 この冬は、車に乗るようになって初めてノーマルタイヤのままむかえた。幸い、記録的な暖冬ということで、不都合も無くすごすことができた。
 こんなに雪が降らないなら、もう北の方にいっても大丈夫だろうと、先週の土曜日兵庫北部へ行ってみた。目指すは、ネットで知った但馬高原植物園。
 もくろみどおり、山を越えて但馬までは雪も無く快調に。しかし、目的地周辺について、国道9号を外れてから雪が見られるように。道路の雪はまったく無かったが、ついた現地の植物園は、いまだ深い雪の中。そこが、以前何度も行ったハチ北のスキー場すぐ麓だと知ったのは現地についてからだった。

但馬高原植物園

但馬高原植物園

小川のほとりは、春の気配があるとはいえ、雪は40センチ程度。とても散策する状態ではない。それでも、ついた当初は解けかけの雪が夜の寒さでしまった状態のため、雪の上を歩くことができ、移動は楽であった。しかし、気温が上がるにつれ雪は緩み、数歩ごとに膝上まで埋もれるようになったため、早々に撤退するはめに。

平行法立体写真
リコー GX200
09/03/01
但馬高原植物園/香美町

theme : 3D・立体写真(ステレオ写真)
genre : 写真

tag : 立体写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和