大鳴門橋 立体写真

さて、GX200を買った理由のひとつは立体写真の撮影だったりする。
今まで、一台で左右の写真を撮っていたので、動く人や物が入れば撮影不可。
そこで、GX100と同じレンズのGX200を買って、二台で左右同時撮影をすることにした。
試しに、道の駅「うずしお」から大鳴門橋に挑戦してみた。

大鳴門橋

大鳴門橋

左がGX100、右がGX200。
二台に共通している2048 x 1536ピクセルで撮影。
撮影した当日は、大潮でかなり潮が速く、船も行き来していたが何とか不整合の無い写真が取れた。
同一露出でも、GX200の方が、空の白トビが大分抑えられている(デフォでレベル補正機能が効いてる?)。また、同一ホワイトバランスでもGX200がかなりマゼンダっぽい。
とはいえ、立体視する場合、二つを見比べるのではなく、頭の中で重ねてみるのでこの程度の差は問題ないようです。色についてはGX200に方はホワイトバランスの微調整ができるので、それで解決できそう。

大鳴門橋

橋げた下の空間、将来、新幹線クラスの鉄道を通すためのもの。

大鳴門橋

大鳴門橋遠景。
こっちは、基線長を長く取るためGX200一台で撮影。

09/01/25
大鳴門橋/南あわじ市

theme : 3D・立体写真(ステレオ写真)
genre : 写真

tag : 立体写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和