スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リコー GX200

今まで、コンデジとしてリコーのCaplio GX100を愛用していましたが、先週、酔った勢いでその後継機GX200を購入してしまった。
まあ、いずれは買うつもりでいたんですがね。
発売から半年以上たって、大分安くなりましたし。



左がGX200、右がGX100。
どちらもレンズキャップはLC-1に交換済み。
見ての通り、概観はほとんど変わりません。
35ミリ換算24-72ミリの広角で、接写に強いカメラです。

ちなみに、上の写真、それぞれちょっと角度を付けているので、平行法の立体写真の洋に見れば立体感が感じられるはずです。

さて、見た目そっくりですが、使いがっては相当向上しています。

まず、フラッシュのマニュアル調光が可能になったこと。
超広角で接写使うことが多いですが、その際に非常に便利です。
これが、最大の購入理由です。
また、後幕シンクロが可能になったようでこれも遊べそうです。

液晶は、大型化し23万から46万画素に向上し、圧倒的に綺麗。

電子水平儀が付いていて、正確な水平だしが可能。
もっとも、水平儀が気になってかえって撮影に集中できないような気がしなくも無い。
それよりも、カメラの縦横位置の自動検出が付いたのがうれしい。

theme : ★カメラ&レンズ・機材
genre : 写真

tag : GX200

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。