スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月3日、仙台空港発、伊丹空港行き。JEX2204便

前回に続き、帰省の帰りの便の機内から撮影した立体写真を紹介します。

飛行機は、1月3日、仙台空港12時35分発、伊丹空港行き。JEX2204便。
結構混んでいて、席は左舷、主翼直後で写真を撮るにはあまりよい席ではなかった。
以下、写真はすべて平行法立体写真

まずは、GPSロガーに記録された帰りの便の航路図。


行きの航路に比べると、とくに関東付近で南よりのコースを取っているのがわかります。

飛行機は、離陸後一旦洋上を南下、福島県で再び海岸線を越えた。
南相馬市付近、海岸線左手に見える港は、東北電力原町火力発電所。
南相馬市付近

福島を過ぎて、関東平野へ。
地形的に面白いところが少ないが、雲を撮ってみる。
栃木県さくら市付近。
さくら市付近

同じく宇都宮市付近。
宇都宮市付近

群馬県に入って、見えてきたハート型の人造湖、谷中湖。
渡良瀬遊水地

湖の大きさは、東西、南北それぞれ約三キロの大きなもののようですが、機上からはこんなに小さい。記録された撮影時の高度は、9,636メートル。
周辺の緑地は、渡良瀬遊水地。関東平野に、こんなの広大な緑地が存在するとは知りませんでした。


つづいて、お約束、富士山。
富士山

行きは遠くにかすんでるだけでしたが、南よりのコースの帰りはずっと近い。


さらに進んで静岡県、大井川を堰き止めた人造湖、井川湖。
井川湖


最後、伊勢湾上空から渥美半島先端、伊良子岬を望む。
渥美半島

theme : 3D・立体写真(ステレオ写真)
genre : 写真

tag : 立体写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんにちは

 地形や浮遊する雲などが如実に感じられていいですね。
 まさに立体写真の醍醐味。

 いつか自分も このような写真を撮影してみたいものです。
 (ただ飛行機に乗る機会が無いのですが・・・)

返信

>なむきゅうさま

ありがとうございます。
立体写真は非常に楽しいのですが、なかなかディスプレイ上で立体視でできる人が居ず、楽しさが伝わらないことが多いので、コメントいただけて非常にうれしいです。
プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。