ツマムラサキマダラ 橿原市昆虫館

ツマムラサキマダラ、メス。



ペンタックス K20D + D FA macro 100/2.8


各地の蝶温室は、概ね沖縄、八重山諸島の蝶ということになっていますが、初めて行ったとき、クロテンシロチョウとかカバタテハとか「え?こんな蝶いたっけ?」というのが何種かいておどろいた。つまり、わたしの蝶の知識が2~30年前の図鑑で停滞しているうちに、新たに土着した迷蝶がいたわけです。ツマムラサキマダラもそんな一種でした。
 地色は黒っぽいですが、その名前のとおり前翅表に紫色に輝く構造色になっている。当然その輝きを撮りたいのですが、普通、上のようなとまり方で翅を開いてくれない。開いても構造色なのでうまく色が出ないことが多い。よく色が出るのは飛んでるときなので、ストロボたいて飛翔写真を狙って見た。




まず、オス。







ペンタックス K20D + DA35 macro ltd


続いて、メス。



ペンタックス K20D + DA35 macro ltd

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ツマムラサキマダラ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和