呉市海事歴史科学館 大型資料展示室 立体写真

零式艦上戦闘機62型。

零戦62型 呉市海事歴史科学館

零戦62型 呉市海事歴史科学館

かの有名なゼロ戦。
旧海軍の主力戦闘機。
62型ということは最末期の型ですね。


海龍。
海龍 呉市海事歴史科学館

旧海軍の秘密兵器、特殊潜航艇の発展型。
一応、魚雷を積むことになっていたが、実際は艦首に爆薬を積んだ特攻兵器として大戦末期に量産される。

砲弾各種。
砲弾 呉市海事歴史科学館

白いのが91式徹甲弾。赤いのが3式通常弾(対空弾)。
手前が大和、武蔵の46センチ砲弾。91式で長さ約2メートル。重さ1.5トン。
以下、奥に向かって長門、陸奥の41センチ砲弾、金剛その他の36センチ砲弾と続く。
左側、奥は、重巡洋艦、青葉の砲身の一部。

すべて、ペンタックス K20D + DA21 ltd

つづく。

theme : 3D・立体写真(ステレオ写真)
genre : 写真

tag : 立体写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和