Rainbow

今日の午後、通り雨の後、久々にを見ました。
綺麗な半円にはなりませんでしたが、右側が非常に明るいでしたので、その部分を撮りました。

紫色の内側にさらに黄~緑の色が見えていますが、これは過剰という現象だそうです。

ペンタックス K-7 + D FA macro 100/2.8
10/04/30
光都/たつの市

theme : ある日の風景や景色
genre : 写真

tag :

トラフシジミ

Rapala arata

一年ぶりにトラフシジミに出会いました。

ペンタックス K-7 + D FA macro 100/2.8
10/04/28
長谷ダム/たつの市

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : トラフシジミ

ツバメシジミの吸水集団

Everes argiades

Everes argiades

ツバメシジミの吸水集団を観察しました。
場所は、小さなダムの岸をめぐる遊歩道のそば、斜面から染み出た水でぬれた木片の上です。
最大で、二枚目の写真の4匹プラス画面外に1匹の計5匹のツバメシジミがいました。
その後、徐々に散り始め、数十分後に来たときには1匹のみになっていました。

ペンタックス K-7 + D FA macro 100/2.8
10/04/25
長谷ダム/たつの市

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ツバメシジミ

羽化直後のサトキマダラヒカゲ

ようやく春らしい陽気に恵まれた日曜日。
アゲハ類がよく集まる岡の上に登ってみました。しかし、このところの低温のせいで季節が進んでいないらしく、アゲハが時々現れるのみで、キアゲハ、アオスジアゲハ、クロアゲハなどの他のアゲハ類もまったく姿をあらわさず。その上、吸蜜に集まるツツジもまだ咲いておらず、写真らしい写真も撮らずにいました。

そんな時、草にくっついた茶色いものがゆらゆら揺れているのが目につきました。
草に引っかかった枯れ葉が風に揺れてる様にも見えましたが、気になってよく見るとサトキマダラヒカゲでした。
羽化直後らしく、まだ伸びきらない翅をしています。

Neope goschkevitschii

しばらく草につかまってゆらゆらとゆれていましたが、どうも落ち着かないらしく、まだ柔らかの翅を引きずるように地面を移動し、やがて草に引っかかった枯れ枝にぶら下がる形で静止しました。ここでなら安全に翅を伸ばせるということのようです。

Neope goschkevitschii

静止してから30分ほど立ったとき、もう大分翅も固まったかなとちょっと指でつついたところ、腹端からサーモンピンクの乳状の液体を出した。その後もさらに数滴の液体を出し、余分な体液を捨て体を軽くしてる様です。

Neope goschkevitschii

液体出した数十秒程度立ったとき、それまで静止していた蝶は、突然するすると草に登ったかと思うと、羽ばたきの準備運動もせずに、いきなりひらりと舞い上がった。
突然の飛び立ちに、一旦見失ったが、しばらくして再度飛んでいるところを発見し、木の幹にとまったところを撮影。
別個体かもしれないが、ふらふらと頼りない飛び方から羽化直後の個体とおもいます。

Neope goschkevitschii

1枚目 ペンタックス K-7 + D FA macro 100/2.8
2-4枚目 ペンタックス K-7 + DA35 macro ltd
10/04/25
西山公園/たつの市

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : サトキマダラヒカゲ

ツマキチョウ

Anthocharis scolymus

Anthocharis scolymus in flight

ここ最近、不安定な天気が続き、虫撮りもままなりません。
今日も、久々に日は差したものの、風が強い上、冷たい時雨模様でした。
そんな悪条件の中、一瞬だけツマキチョウが姿を現してくれました。

ペンタックス K-7 + D FA macro 100/2.8
10/04/24
島脇/佐用町

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ツマキチョウ

アゲハ

papilio xuthus

ギフチョウ撮影の合間に撮影した春型のアゲハ
ストロボでとまったアゲハと、ブレ気味の背景のお陰で流し撮り風の写りになった。
新芽の黄緑が春らしく気に入ってます。

リコー GXR+S10(24-72)
10/04/10
倉吉市/鳥取県

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : アゲハ

ギフチョウの交尾

承前。
昨年、一昨年に比べると少ないギフチョウでしたが、ギフチョウの交尾の一部始終を観察する機会に恵まれました。
そこで、その観察を記しておきたいと思います。

Luehdorfia japonica
12:04:01
一匹のギフチョウを撮影していました。今から見ればオスの方です。

Luehdorfia japonica
12:04:30
このオスが飛び立ったところ、その向こうからもう一匹のギフチョウ(メス)が現れる。
オス同士であれば、追っかけ合いになるところですが、二匹はもつれ合ったまま枯れ葉と枯れ枝の中に落ち、そこでバタバタ暴れている。近づいて見てみると、もう交尾していました。出会い頭、一瞬の出来事です。
頭をこっちに向けてるのがメス、その下にいるのがオスです。

Mating Luehdorfia japonica
12:05頃~
ちょっと撮影しにくかったので、枯れ枝をどけようとしたところ、カップルは自力で飛んで近くの灌木の幹にとまる。撮りやすい場所でラッキーです。交尾飛翔は←♀+♂だったと思う。上にとまっているのがメス。下がオスです。
移動後約30分は、オス、メスとも翅を閉じて静止。

Luehdorfia japonica
12:37頃~
メスが翅を開いた姿勢に変わる。オスは翅を閉じたままだが、小刻みに腹を動かしている。交尾嚢を作っているところか?

Luehdorfia japonica
12:44
交尾終了し、二匹が翅を開いた姿勢で寄り添うようにとまる。手前がオスです。
この後、まずオスが飛び立つ。オスは遠くにゆくことはなく、周辺の日だまりを休んだり、飛んだり。

Luehdorfia japonica
12:45
残ったメス。

Luehdorfia japonica
そのお腹の交尾嚢。
この撮影直後にメスも飛び去り、その後目することは無かった。


Luehdorfia japonica
12:49
交尾後、周辺に残ったオス。交尾時に後翅が破れた様です。

ペンタックス K-7 + D FA macro 100/2.8
10/04/10
倉吉市/鳥取県



theme : 昆虫の写真
genre : 写真

ギフチョウ

今週末は、ギフチョウ狙いで鳥取に行ってきました。
ギフチョウに会うには天気しだいの部分が多いですが、予報は土日ともいまいちな感じで、多少なりとも期待できそうな土曜に的を絞り、前泊し朝からポイントの山頂へ。
幸い、午前中は日も差すこともあり、何とか撮影することが出来ました。
3年連続で行っているポイントですが、今年は数が少ないようです。

Luehdorfia japonica

Luehdorfia japonica

飛翔も狙ってみましたが、今年も満足に撮れませんでした。

Luehdorfia japonica

続く。

一枚目 ペンタックス K-7 + DA★300/4
二枚目 ペンタックス K20D + DA★300/4
三枚目 リコー GXR+S10(24-72)
10/04/10
倉吉市/鳥取県

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ギフチョウ

アゲハ

Papilio xuthus with cherry blossoms

Papilio xuthus with cherry blossoms

Papilio xuthus with cherry blossoms

久々の素晴らしい青空に恵まれた今日の昼休み、桜満開の丘の上の公園に、春型のアゲハを求めて行ってきました。
今年はこれまでアゲハをほとんど見ていませんでしたが、今日は次々に来てくれる。しかし、素早すぎて飛翔はまったく撮れず。
ただ一匹だけ、桜で吸蜜してくれたのを何とか撮影。吸蜜場所が高すぎて、思うように撮れませんでしたが、満開の桜と青空のもと撮影できただけでも幸せか。

ペンタックス K-7 + DA★300/4
10/04/08
三方里山公園/佐用町

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : アゲハ

アカタテハ

Vanessa indica

先日テングチョウの吸蜜を観察した菜の花畑に、この日はアカタテハが来てました。
テングチョウほどではないが、こいつも地べたや枯葉の上で保護色で同化してることが多いので、コントラストの強い菜の花との組み合わせが新鮮に感じました。

ペンタックス K-7 + D FA macro 100/2.8
10/03/19
島脇/佐用町

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : アカタテハ

ヤマトシジミ

Pseudozizeeria maha

Pseudozizeeria maha

先月、今年初めてツバメシジミを見た草原を再訪。
今回はツバメシジミには見当たらなかったが、代わりにヤマトシジミとの今年初の出会いとなりました。

ペンタックス K-7 + D FA macro 100/2.8
10/03/19
島脇/佐用町

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ヤマトシジミ

ホウジャクの仲間

hawk moth

hawk moth

本日は、京都へ日帰り出張。
夕暮れ時、用事がすんで駅に向っている際、目の前にホウジャクの仲間が現れ、植え込みの周辺をぐるぐると飛び回り始めた。そこで、持ってたコンデジで撮影してみた。暗かったので、ストロボで。
植え込み周辺を盛んに飛び回っているが、花があるわけでもなく、吸蜜ではない。時折、植え込みの中まで入り枝にとまって腹端を曲げるしぐさをする。二枚目の写真を拡大して見ると、黄色い半透明の卵のようなものが写っているが、産卵でしょうか?
蛾の知識はまったく無いので、詳しい種名は分かりません。
分かる方がいらっしゃったらお教えください。

桜の見ごろの京都に行けるということでカメラを持っていったのに、撮ってきた写真がこの蛾のみです。

リコー GXR+S10(24-72)
10/04/05
左京区/京都市

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ホウジャク

ベニシジミ

Lycaena phlaeas daimio

Lycaena phlaeas daimio

ベニシジミの前翅表の根元付近、日が当たると黄色の蛍光っぽく光ることに始めて気がつきました。

ペンタックス K-7 + D FA macro 100/2.8
10/04/03
西山公園/たつの市

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ベニシジミ

ルリシジミ

Celastrina argiolus

ルリシジミ
今年の初見は2月20日で、私が始めて見た今春羽化の蝶でした。
しかし、初見時はピンボケ写真をしか撮れず、それ以降も何度かそれらしきものを見かけたものの撮ることができずにいましたが、ようやく本日撮ることができました。

ペンタックス K-7 + D FA macro 100/2.8
10/04/03
西山公園/たつの市

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ルリシジミ

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和