菜の花とミツバチ

本日も、綾部山梅林へ。
今回は、そこそこ気温が高く、梅林の一角に咲く菜の花にミツバチが見られました。
久々に屋外で見る昆虫の姿に、結構な枚数撮ってしまいました。







受粉目的で梅林内に巣箱が置かれているので、たぶんセイヨウミツバチだと思います。

リコー GX200
09/02/28
綾部山梅林/たつの市

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : ミツバチ セイヨウミツバチ

難儀してるメジロ

ネタが尽きたので、在庫から。
以下、連続写真です。











枝からもぎ取った木の実が大きすぎて、飲み込めず難儀してらっしゃいます。
これを4,5回は繰り返してました。
最後は何とか飲み込んでいましたが。

ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/07
世界の梅公園/たつの市



theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : メジロ

梅とジョウビタキ メス

昨日につづいて、ジョウビタキのメスです。





ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/21
綾部山梅林/たつの市

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : ジョウビタキ

梅とジョウビタキ オス

いつものジョウビタキも、花があると一味違います。





ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/21
綾部山梅林/たつの市

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : ジョウビタキ

季節はずれ

季節はずれですが、ゲンジボタルです。
タムロンのマクロレンズフォトコンテストに出してみたのですが、かすりもしなかった。
せっかくなので、ここで晒してみる。





ペンタックス K20D + タムロン 90ミリマクロ
08/05/25
鞍居川/上郡町



theme : 昆虫の写真
genre : 写真

エナガ





松の木に、エナガが一羽だけ。
あの長い尾羽が完全にありません。
枝の上をさかんに行き来していたが、バランスが悪いのか、遠くへ飛ぶことは無かった。
その鳴き声は、なんとなく切なく響いた。

ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/21
姫路市自然観察の森/姫路市




話しは変わりますが、観察の森ネイチャーセンターでのこと。
センターの裏に、餌場が用意され、そこに面する窓際にフィールドスコープが何台か置かれ手軽に野鳥観察が楽しめるようになっています。
今日、そこを自前の三脚に大きなレンズを据えたおっさんが三人に占領されてました。
何十万もする機材で子供用の釣堀で釣りをするような行為に飽きないのかという疑問はさておき、後ろに人が立っても場所を譲るどころか振り返りもしないおっさんらを見て、むなしく、しらけた気分で帰ってきた。

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : エナガ

メジロ

本日は、綾部山梅林へ。
梅は現在七分咲き。
メジロです。





たまには、タテ位置で。



ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/21
綾部山梅林/たつの市

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : メジロ

楠本イネに関する覚書

以下は、いつもの写真や鳥や虫の話しとは一切関係ない話です。
最近、司馬遼太郎の「花神」を読みながら考えたことの覚書です。

 「花神」は、後の大村益次郎こと村田蔵六の話しで、NHKの大河ドラマの原作となったものです。蔵六は、幕末の蘭学者で、後に明治維新の官軍の総司令官となり、維新直後に暗殺されました。
 蔵六の愛人として、楠本イネが登場します。イネは、長崎、出島のオランダ商館の医官として来日し、西洋医学を広めたシーボルトが、遊女であったお滝との間に残した娘で、日本初の洋方女医といわれています。
 一方、楠本イネの生涯については、吉村昭が「ふぉん・しいほるとの娘」という本を書いています。この本の中で、イネと蔵六との関係は、蘭語の講義を受けたことと暗殺者に襲われたあと蔵六の看護にあたりその死を看取ったことぐらいしかなく、当然、愛人関係としては描かれていません。

 興味を持った所の一つに、それぞれの作品が表された時期があります。「花神」のあとがきは昭和46年となっており、昭和52年の大河ドラマとなりました。一方、「ふぉん・しいほるとの娘」は昭和50年6月から昭和52年10月にかけて連載されています。つまり、「ふぉん・しいほるとの娘」の後半約1/3が書かれた時期は、大河ドラマの「花神」と重なっています。「ふぉん・しいほるとの娘」の後ろから1/3というと、イネが岡山にいた時代にあたります。そして、「花神」における蔵六とイネの出会いの場は、岡山となっています。したがって、物語上の年代もほぼ平行して話しが進んだことになります。すなわち、「花神」がもっとも世間の注目を浴びていた時期に、吉村は「花神」とはまったく違うイネ像を提供していたことになりす。当時、両方を見ていた人がどのような感想を持ったのか気になります。

 「歴史の影絵」という、吉村の歴史小説執筆における取材に関するエッセイ集があります。その中に、「ふぉん・しいほるとの娘」において重要な役割を果たしたある史料についての話しがある。それは、イネの娘である山脇高子の証言で、長崎県立博物館に長い間外部の目に触れさせること無く収蔵されていたものです。イネは生涯独身でしたが、岡山の医師、石井宗謙との間の望まれぬ子として、娘高子がいました。高子の証言は、自身の出生の秘密を含めた母イネと高子自身の生涯について語ったものです。そのあまりにも悲劇的な告白に、その記録者はその感想として次のようなことを書いてます。「イネ、高子両人に深く同情し、その秘密を永遠に忘却してしまいたい。しかし、後年、両人が誤解されることがあるかも知れぬゆえ記録しておく」と。そして、記録者の意を汲んだ図書館側は外部の目に触れさせること無く保管してきた。それを、イネについて小説を書こうとしている吉村に、史実に忠実なものを書くようにと、はじめて見せたのです。そして、「ふぉん・しいほるとの娘」発表後、なおイネと高子について誤解した書物が数多く発表されるのを見た吉村は、記録者の「誤解された時のために記録する」という意を受けて、高子の談話を公表するにいたります。
 吉村は、エッセイの中で、イネに関する誤解とは宗謙との関係についてとしている。しかし、もし司馬が書いたイネが蔵六の愛人であるいう話が完全な創作であるとするならば、そのことがあたかも史実のごとく流布している現状こそが最大の誤解である、と私は思うのです。 

theme : 歴史関係書籍覚書
genre : 本・雑誌

ジェットライナー 立体写真

立体写真は、左右に離れた位置から撮影した二枚の写真で出来ています。
逆に、左右に動いている被写体を同じ位置から2枚撮影しても立体写真が得られるはずです。
ただ、被写体以外に動かない背景が写ってしまうとうまくいきません。
しかし、飛行機だったら背景が空しかないので立体写真が出来るはずと挑戦してみました。

JAL 777-200

JALのボーイング777-200。
正直、旅客機はみな同じに見えて、私には区別がつきません。ただ、尻尾の形が特徴的なので777であることはわかります。それ以上のサブファミリーは、主翼のJAナンバーを検索してわかりました。ネットって便利ですね。

ボーイング 777-200 eco jet

同じく、JALのボーイング777-200.ただし、緑色の塗装をされています。JALの「空のエコ」プロジェクトの宣伝用の機体だそうです。

ANA A320-200

最後、ANAのエアバスA320-200。777に比べると大分小さい機体です。

撮影したのはすべて大阪、伊丹空港から離陸した機体。撮影してから気付いたことですが、最近の字ジェット旅客機は、強力なエンジンで急上昇しつつ旋回していますので、立体写真にするのは思ったより難しいです。着陸するほうは、緩やかに降りてくるので立体写真にしやすいと思います。今度は、そっちで挑戦してみたいです。

ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/08
昆陽池/伊丹市

theme : 3D・立体写真(ステレオ写真)
genre : 写真

tag : 立体写真

お地蔵さん 立体写真

花を抱えた地蔵さん。

お地蔵さん

リコー GX200
09/02/11
綾部山梅林/たつの市

theme : 3D・立体写真(ステレオ写真)
genre : 写真

tag : 立体写真

破磐神社とわれ岩 立体写真

毎週のごとく通っている姫路自然の森へ行く途中、破磐神社という標識が出ている。
その変わった名前に惹かれて、神社をお参りしたのは先月のことでした。

以下、平行法立体写真です。

破磐神社

破磐神社

まったく知らなかったのですが、かなり大きな、そして静かで厳かな雰囲気の神社でした。

この神社の破磐という変わった名前の由来の場所が、少し離れたところにあります。そこへも行きたかったのですが、この日は場所がわからず行けませんでした。

そして、この日曜、その由来の場所、われ岩にようやく行くことができました。

われ岩

われ岩

竹林の中にある巨石、いわゆる磐座です。
その名の通り、大きな割れ目が走っており、かなり迫力があります。
由来によると、神功皇后が放った矢が当たって割れたものとのこと。

リコー GX200
09/01/24
破磐神社/姫路市

リコー GX200
09/02/15
われ岩/姫路市


theme : 3D・立体写真(ステレオ写真)
genre : 写真

tag : 立体写真

マヒワ

二羽のマヒワが、茂みの中で、長いことなか仲よさげにしてました。
両方オスだと思うのですが・・・



ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/15
姫路市自然観察の森/姫路市

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : マヒワ

コゲラ

この日は単独でしたが、いつもはヤマガラやエナガの群れとともに現れるコゲラ
まったく似てない鳥たちと群れを作ることに、何のメリットがあるのでしょうか?



ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/15
姫路市自然観察の森/姫路市

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : コゲラ

カワセミ

やっぱり、野鳥の撮影のビギナーとしては、カワセミを撮ってみたいものです。

うちの周辺では、とくに珍しいわけではなく、あちこち川や池でその姿は見てるのですが、川や池が大きすぎたり、岸の草むらが酷かったりで、なかなか近づくことができません。

そんな中、ようやく、川幅も狭く岸に近づきやすくカワセミもいるポイントを見つけました。







三枚目、ボケてますが左上、奥にもう一羽がいます。手前がオス、奥がメスです。

ポイントを見つけたといっても、トリミングしてようやくこの程度。
都会の公園のカワセミは人慣れ、カメラ慣れしてるようですが、田舎ではそういうわけにはいかない。
それと、川にゴミが多い点がいまいち。
とわいえ、2、300メートルの範囲に、そこそこの数のカワセミがいるようですので、しばらく通ってみたいと思いいます。

ペンタックス K20D + DA★300/4(トリミング)
09/02/15
林田川/たつの市

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : カワセミ

ふと、見上げれば・・・

青空に風船。





ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/11
綾部山梅林/たつの市

theme : ある日の風景や景色
genre : 写真

オオイヌノフグリ、ハコベ 高倍率マクロ撮影

野の花も多少咲き始めたようなので、久しぶりに高倍率マクロ撮影に挑戦しました。

中古で買ったFA28-70/4というフィルム時代の標準レンズをリバースアダプターKを使って逆付けして使用。撮影倍率は、広角端で2.4倍ぐらいだったと思う。35ミリフィルム換算で3.6倍ぐらい。
被写界深度がごく薄なので、絞りをいっぱいに絞って、もしくはそこから一段あけたぐらいで撮影。ブレを防ぐためストロボPE-28Sをマニュアルで使用。露出はディスプレイで確認しながら、ISO感度を変えて調整。撮影は、アングルファインダーを使用しながら、地べたにはいつくばって。実絞りになるので、ファインダーは真っ暗。その中で、カメラを前後させてピントあわせを行う。

まず、オオイヌノフグリ




なかなか、鮮やかな青。
花粉のツブツブ感が楽しい。
おしべに比べると、めしべは大分小さい。

続いて、ハコベ




こちらも、花粉が見える。
めしべの形が、おもしろい。

ペンタックス K10D + FA28-70/4 リバース
09/02/11
綾部山梅林/たつの市

theme : 花の写真
genre : 写真

tag : オオイヌノフグリ ハコベ

雨が降ってきたため、家に向かって自転車を走らせていたところ、前方にが出現。



時間はまだ3時でかなり低い位置でしたが、幸い田畑の中でしたので全体を見渡す事が出来た。
撮影場所から数百メートル戻ると菜の花畑が有るので、そこで撮れればと思い、元来た道を戻り始めたが、そこに着く前にが消えてしまいそうだったので、手近にあった菜の花を入れてとりあえず撮影。その後、すぐに右端の方を除いては消えてしまった。



リコー GX200
09/02/11
御津/たつの市

theme : ある日の風景や景色
genre : 写真

tag :

キジ

昨日は、気分を変えて自転車で出撃。
田畑の中を走っていると、なぜか畑の納屋の上に乗っているキジのオスを発見。





ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/11
片吹/たつの市

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : キジ

蝶の飛翔 伊丹市昆虫館

承前。
コノハチョウ以外は、ポートレート的な写真はほとんど撮らず、ひたすら飛翔写真を狙いました。
以下、まとめて。

オオゴマダラ


ツマムラサキマダラ






クロテンシロチョウ




キチョウ




クロアゲハ




縦横比、4:3の写真はリコー GX200。
縦横比、3:2の写真はペンタックス K20D + DA21 Ltd。
すべてストロボ使用。
09/02/08
伊丹市昆虫館/伊丹市

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : オオゴマダラ ツマムラサキマダラ クロテンシロチョウ キチョウ クロアゲハ

コノハチョウ 伊丹市昆虫館

昆陽池に隣接する伊丹市昆虫館へ。
去年、一月以来二度目の訪問です。
秋に行った広島や橿原の昆虫館ではお目にかかれなったコノハチョウが御目当て。







もう一つの御目当ては、リュウキュウムラサキでしたが、こちらは一匹しか見れず写真も撮りませんでした。去年は沢山いたのですが。

1,2枚目 
ペンタックス K20D + D FA macro 100/2.8
3枚目
リコー GX200
09/02/08
伊丹市昆虫館/伊丹市

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

tag : コノハチョウ

オナガガモ

同じく昆陽池にて、足元まで上陸しているオナガガモ
飛び立つところをノーファインダーで撮影。









一発芸としては楽しい。

ペンタックス K10D + DA35 macro ltd
09/02/08
昆陽池/伊丹市

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : オナガガモ

ユリカモメ

日曜日、伊丹市は紺や昆陽池へ。
関西では有名な野鳥観察地らしいですが、思いっきり餌付けされている水鳥たちを見て、ちょいやる気がうせる。

気を取り直して、動きものの練習にと、望遠でユリカモメを狙って見たがすぐ飽きた。
そこで、21ミリと35ミリをつけてやる気無くノーファインダーで撮ってみた。







1枚目
ペンタックス K10D + DA35 macro ltd
2、3枚目
ペンタックス K10D + DA21 ltd
09/02/08
昆陽池/伊丹市


theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : ユリカモメ

梅とメジロ

菜の花だけじゃなく、梅の方にももちろん来ていましたが、こっちはあまり撮れませんでした。




もっと綺麗な青空の下で、また撮りたいな。

ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/07
世界の梅公園/たつの市

菜の花とメジロ

今週も世界の梅公園へ。
最初に目に付いたのは、梅ではなく、その根元に咲く菜の花に群れるメジロたちでした。











黒バックに菜の花がよく映える。

世界の梅公園/たつの市
09/02/07
ペンタックス K20D + DA★300/4

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : メジロ

蝶の道



今日から、大阪ニコンサロンで海野和男先生の写真展「蝶の道」が行われる。写真集「蝶の道」の出版を記念したものです。初日の今夜は先生のセミナーも開かれた。
当初、土日にでも行けばいいやと思っていたが、どうしてもセミナーに参加したくなった。そこで、作業を一部前日に前倒しし、さらにいつもより4時間早く出勤し、午後二時には職場を離れ、大阪に向った。

私の写真についての知識の大半は、海野先生の名著「昆虫写真マニュアル」に基づいており、今も頻繁に読み返している。その先生の話を直に聞けて、無理しても行ってよかったと思った。

写真は、会場で買った写真集。中に先生のサイン入り。

ルリビタキ

久々に、青い個体を撮れた。
メスや若いオスなら何度も会っていたのですがね。









足、細いな~。

ペンタックス K20D + DA★300/4(トリミングあり)
09/02/01
姫路市自然観察の森/姫路市

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : ルリビタキ

ウグイス

梅にウグイス
ただし、つぼみ。





11月に野鳥を撮り始めて以来、ウグイスというと茂みでジジッ、ジジッと鳴いてるのを聞いてるだけでしたが、この日はメジロと一緒によく表に出てきました。
春が近づいたってことなんでしょうか?

ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/01
世界の梅公園/たつの市

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : ウグイス

メジロ

ぼちぼち、梅も咲き始めたので、蜜を吸いに来るメジロでも撮れればと世界の梅公園へ。

梅は早咲きが僅かに咲いている状態。
メジロの群れはよく見られたが、蜜を吸う姿はついに見られなかった。







ペンタックス K20D + DA★300/4
09/02/01
世界の梅公園/たつの市

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : メジロ

明石海峡大橋 立体写真

淡路島側から、夕暮れの明石海峡大橋を望む。

明石海峡大橋

明石海峡大橋

GX200
09/01/25
道の駅あわじ/淡路市

theme : 3D・立体写真(ステレオ写真)
genre : 写真

tag : 立体写真

風車 立体写真

ホテルニューアワジが所有する風力発電用風車。

風車

風車とそれが立つ山、それに連なる後ろの山々、そしてスカッと晴れた青空に浮かぶ遠くの雲がなかなかよい立体感を出してます。
立体視するとミニチュアのように見えますが、ローターの半径40メートル近い巨大なものです。

GX200
09/01/25
ホテルニューアワジ/南あわじ市

theme : 3D・立体写真(ステレオ写真)
genre : 写真

tag : 立体写真

プロフィール

むしみず

Author:むしみず
標本作りの時間がとれなくなり長らく休んでいた虫捕り趣味、2007年にデジカメを購入したのを期に虫撮りとして復活。冬場の楽しみに野鳥撮影を加え、西播磨を中心にへっぽこネイチャーフォトを楽しんでいます。たまには立体写真も。

写真について
写真はflickrに、オリジナルサイズで載せたものを張っています。各写真をクリックしていただくと、flickrのページに飛びますので、そちらで各種サイズで見ることが出来ます。

以前は、写真の保存先としてペンタックスのフォトアルバムを利用していました。2010年9月にサービスが終了に伴い、写真のflickrへの移行作業を進めていましたが完了しておらず、現在、特に古い記事で、リンク切れで写真が見れないものが多数の状態になっています。ゆっくりではありますが、今後も古い記事の写真の復活作業を進めていきます。

立体写真について
筆者が平行法しか裸眼立体視が出来ないため、ブログに掲載する立体写真は基本的に平行法を採用しています。flickrのほうには交差法の写真も並べて保存していますので、写真をクリックしてflickrの方で鑑賞してください。

かうんた
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンクはフリーです。
静安定緩和